主婦のための役立ち小ネタBlog

雑誌やテレビで見つけた役に立つ小ネタを備忘録的に載せていきます(●'ᴗ'●)✧

さきどり!みかん大福っていうから。

もうすでに、バックナンバーになっちゃった

オレンジページ 2017年 1/17号 [雑誌]

「みかん大福をさきどり!」てあったので、今更ながら作ってみました。

 

〈材料〉

もち…2個

水…大さじ2

砂糖…大さじ1

みかん…4個

市販の白あん…120g

片栗粉…適当に

f:id:hSUNNY:20170116141606j:image

この写真のおもちは倍の4個分です。

なんか、気づいたら4袋あけちゃってたので、そのまま倍にして作ることにしました。 

 

1)皮をむいたみかんを、白あんで包みます。

計算上では、ひとつにつき30gの白あんだけど、私はたぶん40gくらい使っちゃって、後から足しました。

f:id:hSUNNY:20170116140746j:image

 

2)おもちを4分割して、水と一緒に耐熱ボールへ入れて、2分レンチン。

温かいうちに砂糖を投入して、大福の皮みたくなるまでよく混ぜます。

おもちの形がなくなって、ひとつの大きな塊になるには、ちょっと根気が必要でした。

諦めないで!

 

3)片栗粉を敷いたバットに広げて、4分割。それぞれで白あんみかんを包んだら完成です。

片栗粉が付いていない部分は、もうすっごいくっつきますので、片栗粉まみれで作業することになります。

でも、みかんを包んだその、包み口をくっつけるときには、片栗粉あるとちょっと…。

この矛盾、どうすればよかったのでしょう…。

 

f:id:hSUNNY:20170116140742j:image

断面図。

f:id:hSUNNY:20170116140735j:image

おもち部分と、白あん部分が、分厚いかな〜。

 

それでは、いただきま〜す!

……分量って、計算されているんですね。
これを食べた旦那さんは、あんこと皮、もっと薄くていいね〜。だって。
私は、大福の皮厚いのが好きなの…。

でも、こうしてみかん大福作ったけど、いちご大福とか世間にはあるけど、本当いうと大福にフルーツ・インは反対派です。
そのままの方が、美味しい…。

 

さて。余った白あんをどうしましょう…。

鏡開き用に、市販のぜんざいを買ってきていたので、これに少しのお水と足して、即席のおしるこに仕立ててみましたが、これは美味しかったです。

あとは、コメダ珈琲で出している、あんこ入りコーヒーのが美味しかったので、白あんで試してみようかな。

http://www.komeda.co.jp/up_files/info/58171611103cc.jpg

抹茶を混ぜて、抹茶あん、も試してみたい。…作った抹茶あんをどうするか…。

 

白あんはくせがないので、意外とあれこれ使えそうです。

でも、メジャー選手ではないので、製菓材料屋さんにいかないと手に入らない。

私は結局、富沢商店で購入しました。

tomiz.com/00490600

 

 送料がかからなければ、アマゾンのこれ買ってたんですけど…。

伊勢製餡所 しろあん 300g

伊勢製餡所 しろあん 300g

 

 

ああもう、プライム会員なっちゃおうかな。